電書ちゃんねる

あんたとあたしのメディア論




About

電書ちゃんねるとは


電書ちゃんねるは自由で楽しい電子出版を応援する任意団体です。

主に技術的側面を中心とする執筆活動とソフトウェア開発を通じて、あなたの出版を後押しします。



楽しい!かんたん!高品質!
でんでんコンバーター

電子出版物の標準フォーマットEPUB 3を作ることのできるウェブアプリケーションです。簡略化された親しみやすい記法で、仕様に準拠した高品質の電子書籍を、誰でも手軽に作ることができます。

2013年のリリースから現在に至るまで、個人出版者を中心とする多くの方に使われ続けています。

2013年12月には日本電子出版協会が主催する『電子出版アワード2013』において、大賞とエキサイティングツール賞を受賞しました。企業の製品が多くノミネートされる中、個人の作品による大賞受賞は初の出来事でした。

もっと詳しく


教えて? あなたの本のこと──
でんでんランディングページ

本の魅力を伝える専用ページを作ってみませんか? でんでんランディングページは、簡易ブログサービス Tumblr のテーマとして開発されており、予め用意された項目を埋めるだけで、あなただけのウェブサイトを作ることができます。印象的なキャッチフレーズや、豊富な部品を組み合わせて本の世界観を表現してみましょう。

2014年のリリース以来、個人出版者を中心に利用が広まり、1年の内に120を越える本の紹介ページが誕生しました。

もっと詳しく


新しい時代の新しい本と文化
自由に楽しく

電子出版の最大の魅力は自由であることです。オープンな標準技術をベースにした電子書籍は出版を自由で身近なものにしてくれました。表現や出版は自由と切り離すことができません。

自由な出版を求める電書ちゃんねるの活動は2009年に電子書籍の標準フォーマットEPUBと出会ったことで始まります。「電子書籍元年」と呼ばれた2010年を経て、新しい電子書籍市場が日本の中で立ち上がる光景を見届けて来ました。

代表がこの時期を回想するエッセイ 僕の「電子書籍元年」 は月刊群雛2015年03月号に収録されています。

もっと詳しく

Members

  • 電書ちゃん でんしょちゃん

    電書ちゃんねるのマスコットキャラクター。ウェブ空間に生息する霊的存在。お喋り、わがまま、食いしん坊。一人称は「あたし」。紅茶とブラックサンダーが大好き。誕生日は9月20日。強気だが意外と泣き虫。

    Illustration © Jcn,inc. & Garakuta


  • ろす 高瀬 拓史; TAKASE, Hiroshi

    2010年に日本電子出版協会(JEPA)の依頼を受け、電子出版フォーマットとして英語圏で普及が始まっていた「EPUB」に、縦書き、ルビ等日本語レイアウトを実現するための要求仕様作成に関わる。同年6月に開始したEPUB3の仕様策定を受け、EPUBへの日本語レイアウト対応が総務省電子出版環境整備事業に採択されると、プロジェクトメンバーとして国内有識者の意見取りまとめを行う。

    個人としての活動では、電子書籍の情報サイト『電書ちゃんねる』を主宰。2013年に発表したEPUB制作ウェブアプリケーション『でんでんコンバーター』は、セルフパブリッシャー(個人出版者)を中心に支持を集め、同年のJEPA電子出版アワードで大賞を受賞した。訳書に『EPUB 3とは何か?』(マット・ガリッシュ著、オライリー・ジャパン)がある。